tsurfの機械設計研究室

機械設計未経験もしくは初心者の方に向けたブログです 基礎的な知識やスキルを記事にしていきます  ブログのお問合せフォームからお気軽に連絡ください

エアシリンダーの推力やエアチャックのチャック力の調整法(逆流機能付きレギュレーター)

本ブログの御訪問ありがとうございます

機械設計歴20年以上のtsurfと言います

 

今回は以下に関する記事です

特定のエアシリンダの推力/エアチャックのチャック力の弱め方(逆流機能付きレギュレーター)

 

 

⇩本記事は以下の方にオススメです⇩

f:id:tsurf:20210605171303p:plain
とある
械設計初心者

いや~ 今回も困ったよ

 

●特定のエアチャックのチャック力を弱めたい

●特定のエアシリンダーの推力を弱めたい

●上記の場合のレギュレーター設置の注意点は?

 

 

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人TSURF

以下を なるべく
わかりやすく説明します

●特定のエアシリンダの推力や エアチャックのチャック力の変更方法

●その時のエアレギュレーター

 

 

 

①結論

f:id:tsurf:20210918200916p:plain

通常 エア駆動機器を使用する際は

以下の図のように 

マニホールド電磁弁から 各エアシリンダー/エアチャックにエア配管を

接続していると思います

 

f:id:tsurf:20210710065425p:plain



  図1 エア駆動系の制御回路
 

 そこで 例えば 以下のような状況が出ると思います

 

●エアシリンダーCはワーク位置決めのためにワークに当てるので

ワークを破損させないために推力を弱めたい

f:id:tsurf:20210710104015p:plain



●エアチャック  はワークを掴むため チャック力を弱めたい

       f:id:tsurf:20210710104242p:plain

 

 

その時に 以下のように 途中にレギュレーターを設置する方法もあります

このレギュレーターでエア圧を弱めれば

エアシリンダーの推力や エアチャックのチャック力を弱めることが可能です

 

f:id:tsurf:20210710105807p:plain

  図2 特定のエア駆動機器の力を弱めたい場合のエア回路例

 

このほうが 場合によっては エア配管が簡単に済むのですが

以下2つの注意点があります

(詳細は後述します)

 

●レギュレーターは 通常のレギュレーターではなく

逆流機能付きレギュレーターを選定

 

●逆流機能付きレギュレーターの設置は 弱めたい推力方向の配管のみに設置

 

 

 

②エアシリンダーの推力を弱めたい場合の具体例

以下の図3 図4のように

位置決め駒に ワークを押し込みば ワークの位置を精度よく

決めることができます

 

しかし

あまりに強い 推力では ワークを破損させる可能性があるため

この時に このエアシリンダーのみ 推力を弱めたいとなります

 

f:id:tsurf:20210710121642p:plain


 

 

 

③逆流機能付きのレギュレーターとは

通常のレギュレーターは

一次側からくるエアの圧力を2次側で減圧するものです

 

リリーフ機能のあるレギュレーターであれば 

仮に2次側のエア圧が 1次側のエア圧より高くなった場合

圧を逃がし 圧力を1次側と同じにすることができます

 

しかし 

圧力の復帰は緩やかですので 速やかに排気することはできません

 

特にエアシリンダーは 排気があり

速やかは排気でないと 動作速度に影響してきます

 

 

この1次側の圧より2次側の圧が高くなってしまった時に速やかに

排気する機能があるものが 逆流機能付きのレギュレーターとなります

 

この機能が 必須なのが 

電磁弁とエアシリンダー/エアチャックの間設置して

推力やチャック力を調整するレギュレーターです

 

④逆流機能付きレギュレーターの役割

概要

②の位置決め用 エアシリンダー機構を例に解説します

 

まず 以下のように 

逆流機能付きレギュレーターを 押し出し側の配管に設置します

 

そして この逆流機能付きレギュレーターでエア圧を下げることにより

押し当てとなる 押し出し推力 のみを制御することができます

 

押し出し動作時(ワーク位置決め時)

逆流機能付きレギュレーターの役割は

前述のとおり 押し出し推力を弱めることによりワークの破損を防ぐことです

 

ひき込み方向は 推力 制御する必要がありませんよね

押し出し側のみの設置で十分です

f:id:tsurf:20210710121809p:plain


 

引き込み動作時(ワーク解放時)

  

f:id:tsurf:20210710122047p:plain

ロッドを戻し 押し当てを解除する際に

ロッドを引き込み動作させるわけですが

逆流機能付きレギュレーターは今度は 排気側となります

 

この排気をスムーズにさせる機能が

逆流機能付きレギュレーターに備わっているわけです

 

つまり 逆流機能付きレギュレーターのもう一つの役割は

エアシリンダーの排気を阻害しないことで

結果として 引き込み速度を落とすことなく 動作させることができます

 

 

⑤まとめ

●エアシリンダーや エアチャックは使用用途によって

 推力やチャック力を弱めたい場合がある

 

●その時に 電磁弁から エアシリンダーやエアチャックを

 つなぐ配管の途中にレギュレーターを設置する方法がある

 

●ただし その場合は 逆流機能付きのレギュレーターでなくてはならない

 

 

本記事は以上です

最後までお読み頂きありがとうございます