tsurfの機械設計研究室

サーボモーターの選定計算やエアシリンダの選定計算なども扱っている技術ブログです  ブログのお問合せフォームからお気軽に連絡ください

スポンサーリンク


MENU

機械設計者の転職 転職エージェントの基礎 実体験を交えた解説

本ブログの御訪問ありがとうございます

機械設計歴20年以上のtsurfと言います

 

今回は以下に関する記事です

機械設計者の転職 転職エージェントについて 実体験を交えた解説

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人TSURF

今回は転職エージェントについての
解説記事となります
実体験を交え以下を解説します

●転職エージェントとは? 

●転職エージェントの注意点

●転職エージェントを使いこなす方法 

 

 

①結論 転職エージェントとは

f:id:tsurf:20210617075311p:plain

概要

👉求職者にとっては無料で以下をしてもらえます

●求人企業の紹介

●企業との面談日程を含めた全てのやりとりの代行

●聞きづらい企業への質問も代行してくれる

●履歴書 職務経歴書の添削など

 

👉転職エージェントの収益は 求人企業から支払われます

 

転職エージェントがここまでやる理由

f:id:tsurf:20210814131429p:plain

上記の通り 求職者にとっては無料で利用ができ 

履歴書添削や面接日の調整 はては各種交渉など代行してくれるので

求職者にとっては 至れり尽くせりのように見えます

 

しかし実は ここに罠があります

これについては 詳しく後述していきます

 

ちなみに 私は 転職エージェントを利用して転職をしてきましたが

それは 私が彼らのビジネスモデルを理解し

「どういった考えや 行動をするのか?」

を念頭に入れた上で利用したから 結果的にプラスになっています

 

彼らのことを知らずに

「便利そうだから」と安直に利用すると 後で後悔することになります

なんでもそうですが 

ツールというのは理解してこそ 使いこなすことができるのです

 

つまり 転職エージェントは使う人によって 毒にも薬にもなるということです

 

 

本記事では 以下に沿って転職エージェントの特徴を解説します

  • ビジネスモデル
  • 転職エージェントを使用する上での注意点
  • 転職エージェントの利用の仕方

 

 

転職エージェントの利用をオススメできる人

転職エージェントのビジネスモデルを知り

ビジネスモデルから転職エージェントの思考回路を理解でき 

逆に転職エージェントを使いこなすことができる人であれば おススメです

 

本記事で 転職エージェントのことを ある程度理解できると思います

 

 

転職エージェントの利用をオススメできない人

相手の考えに 飲まれやすい人には おススメできません

特に 説得されると相手に服従してしまう人などです

 

詳細は後述しますが

転職エージェントの案件に対して 内定を貰った場合

断ると 説得をして入社を促すエージェントもいます

 

仮に 反論がうまくいかず その場では説得されたとしても

説得されてしまうことと その企業に納得がいくことは

別次元の話です

 

 

 

②転職エージェントのビジネスモデル

彼らのビジネスモデルは以下となります 

 

求人を希望する企業(以下 企業A)

が転職エージェント会社に求職者を紹介してくれるよう依頼します

転職エージェント会社の担当(以下 担当B)

は的確だと思う 求職者(以下求職者C)に連絡を取り 企業Aを紹介します

(転職エージェントの求職者の探し方は 後述します)

担当Bは 求職者Cの合意の元 企業Aに求職者Cを紹介します

この際 履歴書や職務経歴書を企業Aに送付するのは 担当Bが代行します

履歴書や職務経歴書の選考の結果

企業Aが求職者Cに合ってみたいとなった場合

面接日の調整などは 全て 担当Bが代行します

結果的に企業Aに対し 求職者Cを入社させた時点で 

企業Aから担当Bの転職エージェント会社に対し報酬金が支払われます

 

 

大事なことなので繰り返しますが 

企業Bからの報酬金発生の条件は 内定ではなく入社です

 

したがって 

企業Aに人材を100人紹介し 80人面接させ 

企業Aが内定を50人 に出したとしても 入社0人では 収益は0円です

 

 

③転職エージェントの注意点

先述の通り

企業Bからの報酬金発生の条件は 内定ではなく入社です

と解説しました

 

ここに 転職エージェントを使う際の落とし穴があります

 

要するに 転職エージェントにとってのお客様は 

あくまで依頼主の求人企業Aとなります

求職者Cである あなた ではありません

 

つまり 転職エージェントにとって 

利益だけ考えるのであれば 求職者である あなたが納得いかなくても 

うまく言いくるめて自身の担当する 依頼主の求人企業に入社させればよいのです

 

また 彼らの業務は 分類は営業に近いです

あなたという商品を お客様である企業に紹介するのです

 

したがって 彼らにはノルマがあります

その ノルマを達成するために必死だと言うことも付け加えておきます

 

転職エージェントとの目的は

あなたの幸せではなく 一人でも多く入社させ収益を挙げることなのです

 

 

 

④転職エージェントのメリットと利用の仕方

概要

前章では 転職エージェントの注意点を解説しましたが

本章では 前知識として 転職エージェントのメリットを解説します

本記事では 概要を列挙します

 

詳しくは 紹介記事を御参照ください

利用の仕方も紹介しています

  • 無料で利用でき 転職活動の幅が広がる
  • あなたの強みを引き出しアピールしてくれる
  • あなたの事情や都合により 就職対策をしてくれる
  • 履歴書 職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接対策をしてくれる
  • 面接時のフォロー
  • 交渉全ての代行作業
  • スムーズな退職アドバイス

詳しくは ⇩以下の記事を御参照ください⇩


 

注意点

しかし このメリットを最大限生かすには

転職エージェントのための転職ではなく 自分のための転職となるような知恵を 

常に頭に入れておく必要があります

その知恵は 本章の次で解説します

 

 

 

⑤転職エージェントを使いこなすには

前置き

結論を言います

前章で解説するメリットを 最大限に利用させてもらうことが前提です

 

その上で 以下のような対策をとりましょう

 

 

聞きづらいことを 転職エージェントを使い確認

企業から内定をもらっても 少しでも気になるところがあったら

自分が納得するまで 転職エージェントを利用し疑問点を確認しましょう

 

自分からは 聞きづらいことでも 

転職エージェントであれば 

「求職者さんである〇〇さんのために あらかじめ 確認しておきたい事項です」 

などと言ってうまく聞いてくれます

 

このように 聞きづらいことも 転職エージェントを使い確認できます

 

 

確認しつくしていても 全ては引き出せないことを理解しておく

これは 普通に考えてそうでしょう

企業側も 入社して欲しい人に 自分達の悪い所を隠したがります

転職エージェントであれば なおのことです

 

聞き出せないことがあることを 認識しておくという意識が必要です

 

 

入社を断ると判断したら 意思を貫き通す

企業から 内定をもらっても 検討の結果 断ることもあるでしょう

この時 転職エージェントは説得をするかもしれません

 

なぜなら 転職エージェントにとって 

せっかく入社までたどり着くために 労力を使ってきたのです

 

相手は営業として 相手との交渉に関して老練の相手です

飲まれて説得に屈さないように 嫌なものは嫌だという判断は貫きましょう

 

 

転職エージェントと必要以上に馴れ合わない

さきほど 内定をもらった企業でも

断ると判断したら その判断を貫き通しましょうと話をしました

 

断る時には 断れるように

普段から 転職エージェントとは 

あまり慣れ親しまないほうがいいかもしれません

 

なお 次章で実際にあったエピソードを解説します

 

 

⑥転職エージェントの説得工作エピソード

前置き

本章では 実際に 内定をもらった企業を断る際に

転職エージェントから 説得を受けた実体験を簡単に解説します

 

この内定を断った企業を 企業iとします

また この時の転職エージェントをエージェントRとします

 

私が転職サイトにスカウト登録をしていたところ

エージェントRから スカウトという形で企業iを紹介してもらいました

 

 

企業iの概要

その企業iは 

中小企業なのですが 会長が高齢で次の社長候補を欲しいということで

まずは 幹部候補として機械設計者を募集していました

 

結論から言うと

選考スケジュールもコロコロ変わり 変更した旨を

転職エージェントを通じ 私にも連絡しない 不誠実な対応がありました

 

今考えると 自身が会長になり 高齢になるまで 

次の幹部や社長の配慮をしなかったという点で 

その程度の会社だったのかもしれません

 

 

企業iの不誠実な面接1回目と2回目

具体的には

1回目の面接が終わった後 転職エージェントRからの連絡は以下でした 

f:id:tsurf:20210808081418p:plain

エージェントR

内定はほぼ決定して
次は面談で給与条件 他が説明される

 

しかし実際は

2回目の面談と思われるものは 説明ではなく 2次面接でした

 

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人TSURF

話が違う
なぜそういう変更があるなら
こちらに連絡をしないんだ

と強く 不信感を持ちました

 

そして その2度目の面接が終わった後 面接希望者は 私しかいない状況で

会長から以下のように言われました

f:id:tsurf:20210617092119p:plain

企業iの会長

「最終結論は3週間後に出すよ」

「その間 この会社に
見学に来るといい」

 

 

私の対応

この時点で 結果連絡という約束を反故にされ

さらに 最終判断に3週間という状態で 他の企業も検討せざるをえないと

判断しました

 

他の転職エージェントを活用しつつ 転職活動を進めていく中で

この企業iばかりに時間を割くわけにもいきません

 

ですので 転職エージェントRに以下の内容を伝えました

見学は行かない旨と ついでに企業iの不誠実な対応を苦情として連絡しました

 

しかし 転職エージェントRからの返事は 苦情には触れず 以下のようなものでした

f:id:tsurf:20210808081418p:plain

エージェントR

内定まで 時間がありすぎるから
印象を残すように
見学にいったほうがいい

 

 

仕方なく見学に行き その時に またもや以下のことを言われました

f:id:tsurf:20210617092119p:plain

企業iの会長

また いつでも見学に来なさい

 

 

 

 

ここいたり 私は この会社に対し 以下のように判断しました

選考スケジュールを 不誠実にも事前通達もなく変更し

選考結果を 引き延ばされた挙句 さらに何度も「見学に来なさい」

 

この会長には 悪気がないのはわかる

2度目の予告なし面接も きっと思い付きなのだろう

 

あまりにも 転職活動をする人に対して 配慮がなく無神経だ

その配慮と無神経さが 不誠実と感じるのだ

 

周囲の人間と確認をしながら 物事を進めるタイプではない

この会社には 私は合わない

 

 

転職エージェントRへの報告

見学内容を 転職エージェントRに対し報告がてら 

「また いつでも見学に来ていいから」と言われたことに関して

 

私は「転職活動に支障をきたすから もう見学には行けない」

ということを転職エージェントRに言いました

 

この時点で 転職エージェントRは

私が他にも転職活動として 他にも企業を検討していることに 驚いたようでした

 

 

転職エージェントRの説得

それから 3週間とも待たずに 内定を出してきました

当然 断りました

理由は 以下の2点です

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人TSURF

「採用対応に不誠実な点があった」

「内定結果の日時を 引き延ばされた挙句
何度も見学に来いとは 転職活動者に無神経」

 

ここで 転職エージェンRトの説得は以下です

f:id:tsurf:20210808081418p:plain

エージェントR

企業i側も 採用ということで
相手を見るということに
慎重になっているんです
そこを御理解ください

 

私の反論

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人TSURF

あのね Rさん

 

「相手を見る ということに関しては こちらも同じなんですよ

企業の対応が不誠実ではないか? おかしなことはないか?

一生勤める会社なのかもしれないんですよ」

 

「他の企業は 面接1回で採用の決定をしているのに 

企業iは採用スケジュールを 不誠実にも

こちらに伝えずに変更してまで 2度も3度も相手を

見なくてはわからない企業という判断をしました」

 

この転職エージェントは 経験も浅く スキルもないのでしょうか?

簡単に論破されるような 説得をしてきたせいか 黙ってしまいました

 

しかし 相手の意見に飲まれてしまう方なら

こんな簡単な 説得工作にも納得してしまう可能性があるので 注意してください

 

 

 

 

 

⑦まとめ

  • 転職エージェントはのビジネスモデルは 求職者=商品 求人企業=御客
  • したがって 転職エージェントの目的は あなたの幸せではありません
  • 転職エージェントの目的は あなたが入社することによる売り上げです
  • もちろん 結果的には あなたの幸せと転職エージェントの利益が
    一致することもあるでしょう
  • なんでもそうですが ツールとは 理解して使えるかどうかなのです
  • 転職エージェントをツールとして考えた時
    一人での転職とは比べ物にならないメリットもあるのも事実です

 

本記事は以上です

最後までお読みいただき ありがとうございます

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します