tsurfの機械設計研究室

サーボモーターやエアシリンダの選定計算なども扱っている技術ブログです

スポンサーリンク


MENU

【ソリッドワークス】仮想構成部品の保存上の注意

本ブログの御訪問ありがとうございます。
機械設計歴20年以上のT.surfと言います。

 

今回は以下に関する記事です。
【ソリッドワークス】
仮想構成部品の保存上の注意

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人T.surf

仮想構成部品の保存は
少し特殊です。
これを知っておかないと
莫大な作業時間が
無駄になります。

本記事は、

に勤める設計者向け に少しでも役立つ情報を共有します。

 

 

①結論

仮想構成部品について、ソリッドワークスのヘルプを見ると、

仮想構成部品は
個別のファイルや、サブアセンブリファイルではなく、
アセンブリファイルの内部に保存されます。

とあります。

 

アセンブリに保存されるというのが、
どのアセンブリなのかはわかりませんが、
おそらく直近のサブセンブリだと思われます。

 

なので、仮想構成部品を修正した際は
直近のサブアセンブリを保存する
というのが、絶対となっているようです。

 

 

ソリッドワークスは、
ただでさえリンク地獄でファイル管理の難易度が
無駄に高くて困るのですが、

 

ソリッドワークスヘルプも、

  • ソリッドワークス用語を駆使
  • コマンドの位置が図もなくわかりづらい
  • 欲しい情報ほどない

という3重苦の体たらく 

そもそもですが、CADメーカーが自身で定義した
ソリッドワークス造語を駆使して解説しようとしている
姿勢は、CADメーカー以前のものを感じてしまいます。

 

なので、管理人の地獄の体験から
こうであろうという手探りの中 

仮想構成部品の保存について推測されたこと
を共有します。

 

ソリッドワークスヘルプが役に立たない以上
真偽は、検証を継続していくので保証しませんが、
ご了承願います。

 

 

②仮想構成部品とは?

アセンブリに保存されるパーツファイルで
外部リンクを持ちません。

 

以下の記事を御参照願います。

 

いちいち外部に保存されないので、
管理人的にはメインはトップダウン設計における
2Dレイアウトに使用しています。

(アセンブリタブのレイアウト機能は使えない)

 

また設計の初期では、
検討して作成した部品が最終的にいらない場合もあるので、

新規外部ファイルの作成の手間が省け、
気軽に削除、名前の変更などができます。

 

外部リンク地獄のソリッドワークスにおいて

設計初期の作業を、ほんの少し和らげる
いわゆる便利機能レベルのものです。

 

こんな機能をつけるくらいなら
内部パーツ運用ができるようにすればいいのにね。

 

 

③仮想構成部品の保存について実体験

仮想構成部品は、
実は通常の外部リンクファイルと同様に単体で開けます。

 

単体で開ける以上、保存もできるのですが

管理人は仮想構成部品を単体で開き、
単体で開いた状態で保存して、そのま閉じたところ

次回サブアセンブリを開いた時に、
3時間分の作業内容が反映されていませんでした。

 

管理人がやった行動としては、
(いちいち細かく覚えていませんが)

 

サブアセンブリを開く

⇒サブアセンブリから周辺の部品をみてレイアウト

⇒レイアウト内容を仮想構成部品のスケッチに織り込む

⇒仮想構成部品を単体で開いて修正

⇒仮想構成部品単体をファイル(保存)

⇒仮想構成部品を閉じる

⇒そのままサブアセンブリを閉じる

だったと記憶しています。

 

ソリッドワークスは、
ただ部品編集コマンドによるツリー上に
侵入しただけの部品についても

変更されています。
保存しますか?

というように、
購入品の外部リンクにまで聞いてくる呆れ仕様
ですので、管理人はこの質問は無視して保存しない
ようにしています。

 

この時に仮想構成部品直近のサブアセンブリも
保存するかどうかを聞いていましたが

上述のとおり、仮想構成部品で保存したし、
サブアセンブリ自体は変更していないので無視しました。

 

この状態で次回サブアセンブリを開いた時に
目の前が真っ白になりました。

複数の仮想構成部品を上記の方法で修正したのですが
内容が反映されず3時間作業が全て無駄になってしまいました。

 

 

④試行錯誤の検証の結果

冒頭で解説した通り、仮想構成部品を保存したければ

仮想構成部品単体で開いた場合の保存ではなく
サブアセンブリでの保存が絶対のようです。

 

では、

仮想構成部品を
単体で開いた時の
保存は何なんだよ

という疑問が付きます。

どうやら仮想構成部品単体で開いた時の保存は
サブアセンブリに修正内容を反映するかどうか
らしいです。

 

管理人が検証として・・・

仮想構成部品を単体で開いて修正
保存せずに閉じた
すると、
サブアセンブリに修正内容が反映されていませんでした。

しかし、
仮想構成部品を単体で開いて修正
保存して閉じた
すると、
サブアセンブリに修正内容が反映されていました。

 

だったら、
仮想構成部品単体で開いた時の保存は保存ではなく
サブアセンブリへの反映
ではないでしょうか?

 

 

⑥最後に

管理人はソリッドワークスを
含むヒストリーCADは以下の理由により
使いづらいと思っています。

  • パラメトリック設計は大変更であればあるほど
    機能しない
  • パラメトリック設計は大規模アセンブリであれば
    あるほど機能しない
  • 上記のパラメトリック設計を成り立たたすために
    CADの操作に自由度がない
  • そのためかえってノンヒストリーCADよりも
    モデリングに莫大な時間がかかってしまう。

上記のヒストリーCADに困っている設計者に向けて
ソリッドワークスを使えるための情報を
発信していきます。

 

本記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございます。

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します