tsurfの機械設計研究室

サーボモーターやエアシリンダの選定計算なども扱っている技術ブログです

スポンサーリンク


MENU

【ソリッドワークス】仮想構成部品の保存上の注意 (2024.5.04大更新)

本ブログの御訪問ありがとうございます。
機械設計歴20年以上のT.surfと言います。

 

今回は以下に関する記事です。
【ソリッドワークス】
仮想構成部品の保存上の注意

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

管理人T.surf

仮想構成部品の保存は
少し特殊です。
これを知っておかないと
莫大な作業時間が
無駄になります。

本記事は、

に勤める設計者向け に少しでも役立つ情報を共有します。

 

 

①仮想構成部品の保存の問題点

ソリッドワークスで仮想構成部品を
運用していると 高頻度で

管理人T.surf

あれ?
保存されていねー

という現象に遭遇します。

 

結論的には、なぜ
仮想構成部品が保存されない場合があるのか
がわかりません。

おそらくバグではないか?
という結論に至りました。

ですが、そのバグそのものは回避できないとしても
仮想構成部品が保存されない
という事象自体は回避できる方法

があることを発見したのでそれを共有します。

 

 

②仮想構成部品の確実な保存法

まずは保存されない仮想構成部品の確認

仮想構成部品を編集して保存した後
アセンブリファイルを閉じる前に

以下の操作で保存されない仮想構成部品を
確認します。

 

まずはファイルから
⇒再読み込みを選択します。

 

すると、以下のウィンドウがひらきます。
その中の
参照を表示をクリックします。

 

 

すると参照の表示の蘭が以下の選択画面に
切り替わりますので
デフォルトをクリックします。

 

すると以下のようなウィンドウが
開きますので、
保存が必要なファイルを選択します。

 

すると、このままファイルを閉じると
保存されないファイルが

  • 外部ファイル
  • 仮想構成部品

上記を問わず赤枠の中に表示されます。

この中に保存されない仮想構成部品のモデル名が
表示されますので必要なものだけ再保存をします。

 

そして、この操作は
保存されない仮想構成部品を確認するだけ
ですので、確認が終わったら何も実行せずに
⇒キャンセルで前の状態のもどりましょう。

 

保存されない仮想構成部品対処法

保存されていない仮想構成部品があった場合
仮想構成部品を編集開く単体保存
 ⇩    ⇩
アセンブリ自体を再度保存します。

 

上記の流れの後にもう一度
再読み込みコマンドによる確認
をします。
おそらく、問題なく保存されているはずです。

ですが、それは仮想構成部品がアセンブリに
保存された状態になっているので、

次に再度 
保存を行いアセンブリ(サブアセンブリ)
も保存します。

上記の流れの後にもう一度
再読み込みコマンドによる確認
をします。

 

そして、
仮想構成部品がぞくしているサブアセンブリや
メインアセンブリが保存された状態になっていることを
確認します。

 

それにしても ソリッドワークスヘルプは

  • 日本語訳に問題があるのか
  • もともとのヘルプも問題あるのか

とにかく役に立たず意味がわかりません。
非常に酷いヘルプです。

 

 

③仮想構成部品について補足

アセンブリに保存されるパーツファイルで
外部リンクを持ちません。

 

以下の記事を御参照願います。

 

いちいち外部に保存されないので、
管理人的にはメインはトップダウン設計における
2Dレイアウトに利用しています。

(アセンブリタブのレイアウト機能は使えない)

 

また設計の初期では、
検討して作成した部品が最終的にいらない場合も
あるので、

新規外部ファイルの作成の手間が省け、
気軽に削除、名前の変更などができます。

 

外部リンク地獄のソリッドワークスにおいて
設計初期の作業について、
典型的なヒストリーCADらしい
拘束地獄とリンク地獄
をほんの少し和らげるいわゆる便利機能レベル
のものです。

 

こんな機能をつけるくらいなら
内部パーツ運用ができるようにして欲しいものです。

 

 

 

④最後に

管理人はソリッドワークスを
含むヒストリーCADは以下の理由により
使いづらいと思っています。

  • パラメトリック設計は大変更であればあるほど
    機能しない
  • パラメトリック設計は大規模アセンブリであれば
    あるほど機能しない
  • 上記のパラメトリック設計を成り立たたすために
    CADの操作に自由度がない
  • そのためかえってノンヒストリーCADよりも
    モデリングに莫大な時間がかかってしまう。

上記のヒストリーCADに困っている設計者に向けて
ソリッドワークスを使えるための情報を
発信していきます。

 

本記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございます。

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します