tsurfの機械設計研究室

サーボモーターやエアシリンダの選定計算なども扱っている技術ブログです

スポンサーリンク


MENU

ソリッドワークスの裏技集:自由度のない操作を可能にする方法

本ブログの御訪問ありがとうございます。
機械設計歴20年以上のT.surfと言います。

 

今回は以下に関する記事です。

【ソリッドワークス】裏技集
自由度のない操作を可能にする方法

 

管理人T.surf

自由度のない
ソリッドワークス
では、当たり前の
ことが当たり前に
できません。
ですが、少しでも
当たり前のことが
できるような
裏技をまとめます。

 

 

本記事について

前置き:ソリッドワークスについて

ソリッドワークスを代表とする
ヒストリーCADは非常に自由度のないCADです。

 

ICADを代表とするノンヒストリーCADで
当たり前にできることが、

大して役に立たないパラメトリックを
成り立たすためだけに

できないことはとことんできないCAD

となっています。

 

 

そこで・・・

ですが、
メーカーが一方的に強制している
ルールに縛られては
円滑な設計ができません。

 

設計者がソリッドワークスで
やりたい作業を実現するには

メーカーが強制したルールの抜け道
を見つける必要があります。

 

そこで現在勤めている会社の都合上
不本意ながらソリッドワークスを使わざるをえない
管理人が業務の合間に血の滲むような努力によって

0.1μでもICADのような操作感での設計に近づけるため
編み出したソリッドワークスの裏技を御紹介します。

 

 

トップダウン設計:2Dレイアウトと3Dのやり方

通常であれば、ソリッドワークスで
ICADのような快適なトップダウン設計はできません。

ですが、自由度のないシステムの穴を突けば
少しくらいは、ICADの操作感に近づいた
トップダウン設計が可能です。

 

 

3D操作:外部ファイルがないサブアセンブリの作成法

3DCADを操作するにあたり
様々な理由からサブアセンブリを作成します。

 

ですが、用途や性質上によっては
外部ファイルのないサブアセンブリも
当然活用したいのですが・・・

ソリッドワークスでは、本来であればできません。

ですが、これも
自由度のないシステムの穴を突けば可能です。

 

 

2D操作のまとめ

2D操作に関しては、
分類的には一般的な操作だけど
一般的には知られていない操作方法を
解説していきます。

2D操作に関しては1個1個は
それほどのボリュームではないため
2D部品図編と2Dアセンブリ編
それぞれ各1記事に複数項とします。

 

 

最後に

ヒストリーCADに
自由度のない原因

ソリッドワークスを含むヒストリーCADに
操作の自由度がない原因は、

大して役に立たない
パラメトリックに異常に拘りすぎたあまり、

かえって非現実的な
以下の2つの症状に陥ったことによります。

  • リンク地獄
  • 拘束地獄

 

これがあるがゆえに

ほぼほぼ意味のないパラメトリックの元
強いルールによって
できないことはとことんできない
のですね。

 

管理人おススメ
の3DCAD

管理人自身はノンヒストリーCADである
ICADを強く推奨します。

自由度を重視したシステムにより、モデリングはもちろんのこと

できない検討はありません。

 

本記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございます。

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します