tsurfの機械設計研究室

サーボモーターやエアシリンダの選定計算なども扱っている技術ブログです

スポンサーリンク


MENU

【ソリッドワークス】ソリッドワークスでのトップダウン設計のやり方 2Dレイアウト編

本ブログの御訪問ありがとうございます。
機械設計歴20年以上のT.surfと言います。

 

今回は以下に関する記事です。

ソリッドワークスでの
トップダウン設計のやり方
2Dレイアウト編

 

管理人的にはヒストリーCAD全般をおススメしません。

管理人おススメの3DCADはノンヒストリーCADである
富士通I-CADです。

本記事は、ソリッドワークスを使わざるを得ない機械設計者
に向けて以下を発信します。

 

管理人T.surf

ヒストリーCADである
ソリッドワークスでの
トップダウン設計
のやり方を解説します。

3DCADによる
トップダウン設計基礎知識は以下の記事を御参照願います。

 

 

①結論

管理人が考えるトップダウン設計とは
3D空間上の平面で2Dレイアウトを行い
そこからソリッドを作成することです。

 

管理人はソリッドワークスにおいて
不可能だと思われたトップダウン設計の方法を
模索していました。

 

その結果、思考錯誤の末やっとのことで理想に近い
トップダウン設計のやり方をみつけましたので
まずは2Dレイアウト編として共有したいと思います。


ポイントは以下の5つです。

  • レイアウトタブのレイアウトスケッチは非推奨
  • 仮想サブアセンブリファイルを作成
  • 仮想サブアセンブリ内で仮想構成部品を作成
  • 上記の仮想構成部品内のスケッチを使う
  • 仮想構成部品1ファイルにつき1スケッチ

上記5つのポイントを押さえれば
ICADレベルとはいきませんが、

FUSION360のノンヒストリー設定時の
ようなトップダウン設計が
かろうじて可能となります。

 

なお、仮想構成部品の機能と使い方については
以下の記事を御参照ください

 

 

②アセンブリのレイアウトタブのスケッチレイアウトは非推奨

アセンブリファイルには、レイアウトタブがあり
レイアウトというコマンドがあります。

管理人は、このレイアウトスケッチ機能はおススメしません。

 

理由は、以下の記事を御参照願います。

 

以上の記事からわかることは

ヒストリーCADメーカーは
トップダウン設計そのものを始めとして
トップダウン設計に必要な機能
完全に理解していないことがわかります。

 

どうせ作るなら
自由度の高いレイアウト機能
作れよ。

 

 

③トップダウン設計の流れ 2Dレイアウト編

以下、機略の流れですが
アセンブリファイルでの作業です。

 

仮想構成サブアセンブリを作成
仮想構成サブアセンブリの中に
仮想構成部品を作成

仮想構成部品を編集状態にして
仮想構成部品の中にスケッチを作成する
スケッチに2Dレイアウトをする

 

理由は後述しますが注意点として、
仮想構成部品1つに対してスケッチは1つです。

すると、ツリーは以下となります。

もう、お分かりだと思いますが
レイアウト用の1スケッチを持つ仮想構成部品が
レイアウト分複数作成されるので
それらをまとめるための仮想構成サブアセンブリです。

 

 

④トップダウン設計における2Dレイアウト注意点

なぜ仮想構成部品1つに
スケッチは一つなのか

理由は、仮想構成部品の中で
何枚もスケッチを作ってしまうと、
以下のようなツリーになってしまい・・・

例えば スケッチ1を編集しようとすると
スケッチ2が見えなくなってしまうのです。

それにより以下のデメリットが生じます。

  • スケッチ2のレイアウトを確認
    しながらスケッチ1でレイアウト
    ができない。
  • スケッチ2の要素を投影
    (エンティティの変換)
    ができない

 

ヒストリーCADであるために、
親子関係に拘りすぎた挙句

スケッチまで、
そのように
してしまうところに
CADメーカーとしての
センス
のなさを感じてしまいます。

仕方ありません。
手間はかかりますが以下であれば

スケッチ2だろうが、スケッチ1だろうが
他のスケッチのレイアウトを確認したり
投影(エンティティの変換)も可能となります。

 

2Dスケッチと2D機能

2Dレイアウトは、あくまで2Dスケッチで行います。

先述のとおり、3Dスケッチは
2Dレイアウトに不向きです。

 

しかし、ここで問題なのが

ソリッドワークスにおいては
2Dスケッチにおける2D操作が通常の2DCAD
の2D操作ではなく、
拘束で形作っていくという例のアレです。

 

ここはもう
御愛嬌ということで

慣れてもうらしか
ありません。

デメリットも多いですが、
メリットを見出せば、それなりにはやりやすく
感じることでしょう。

 

2Dレイアウトが
表示されない場合の対処法

上記の方法で
大量に2Dレイアウト断面を作成したとしても

ファイルを開いた際に
2Dレイアウトが表示されなくなってしまう
場合があります。

 

これは、ライトウェイトモードでファイルを
開いてしまっているためです。

慌てなくてもOKです。

 

2Dレイアウトを格納してある
仮想構成サブアセンブリを右クリックして
ライトウェイトを解除をクリックします。

 

 

⑤2Dレイアウトに使える機能

スケッチへの投影は、トップダウン設計の際の
2Dレイアウトに必須と言える機能です。

  • スケッチから他のスケッチへ
  • ソリッドの外形をスケッチへ

これらの機能の解説です。

 

 

⑥次工程である3D詳細設計

上記までの解説は、トップダウン設計の要であり、
最初に行う2Dレイアウトです。

この2Dレイアウトの後に3D詳細設計を行います。

 

 

⑦最後に

管理人はソリッドワークスを
含むヒストリーCADは以下の理由により
使いづらいと思っています。

  • パラメトリック設計は大変更であればあるほど
    機能しない
  • パラメトリック設計は大規模アセンブリであれば
    あるほど機能しない
  • 上記のパラメトリック設計を成り立たたすために
    CADの操作に自由度がない
  • そのためかえってノンヒストリーCADよりも
    モデリングに莫大な時間がかかってしまう。

上記のヒストリーCADに困っている設計者に向けて
ソリッドワークスを使えるための情報を
発信していきます。

 

本記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございます。

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します