tsurfの機械設計研究室

サーボモーターの選定計算やエアシリンダの選定計算なども扱っている技術ブログです  ブログのお問合せフォームからお気軽に連絡ください

スポンサーリンク


MENU

未経験で機械設計職についた場合の業務のコツ

本ブログの御訪問ありがとうございます

機械設計歴20年以上のtsurfと言います

 

今回は以下に関する記事です

未経験で機械設計職についた場合の業務のコツ

 

  

⇩本記事は機械設計初心者の方で以下の方にオススメです⇩

f:id:tsurf:20210605171303p:plain
とある
初心者機械設計者

機械設計未経験で
機械設計の会社に入社したけど
右も左もわからないよ
業務のコツを知りたい

 

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人TSURF

以下を なるべく
わかりやすく説明します

●機械設計未経験の方が最初に任される業務と そのコツ

●設計者への質問の仕方

 

 

 

①結論

f:id:tsurf:20220309205054p:plain


詳しくは後述しますが 以下となります

未経験の場合
初期の業務

設計者の補助業務で バラシと言い以下を指します

設計者の検討図から加工部品(加工図作成を含む)
と購入品の手配

初期の業務のコツ 余裕が出た時点で漠然とバラすのではなく
設計者の検討図から機構の構造や設計者の意図を学び取る
設計者への
聞き方のコツ
  • なるべくまとめて聞いてあげる
  • 自分なりの考えを織り交ぜて話す

 

 

②前提知識として 設計部の業務概要

設計部が行うこと

装置を製作するために 設計部署が行う作業は以下が必要になります。

  • 装置の検討や詳細設計
  • 機械加工により製作される部品の加工図面の作成
  • 購入品の洗い出し
  • 加工品 購入品の手配部品リスト作成(以下で解説します)
  • 出図(以下で解説します)

 

手配部品リストについて

手配部品リストは、購買という部品を手配する部署が、
加工品と購入品を、手配するために必要なものです。

なぜ必要になるかというと、以下が記載されているためです。

  • 加工品 購入品の個数
  • 購入品のメーカー
  • 購入品の型式

 

 

出図とは

購買部署に手配部品リストと図面を、提出することを言います。
それにより、購買が 手配部品リストにある部品を、個数分
発注することができます。

  • センサーなどの購入品であれば、メーカーから購入
  • 加工品であれば、材質や形状を考慮して、社内の部品製造部か
    外部の加工業者に図面を送付して制作依頼

 

つまり 出図とは、購買部署に手配部品リストと
図面を提出することにより

結果的に、装置の部品が納品されてくることになります。

 

したがって、出図するためには、

  • それが適切な設計か
  • 部品図的には適切な材質、形状なのか

設計部の管理職に検図をしてもらい、承認を得る必要があります。

 

 

③最初に 振られる業務の概要

概要

未経験で 機械設計の部署に配属されたとしても、
いきなり 装置一式の設計を任されたり、駆動系の検討を
させられることは、まずありません。

 

安心してください。

 

まず その会社で使っているCADの勉強も兼ねて、
CADオペレーターという業務から、始まることが多いです。

 

CADオペレーターとは
要はCADを使って、図面を作る人のことです。

 

設計者がCADで作成した検討図(全体の組立図)から
部品を読み取り、以下を行います。

  • 機械加工により製作される部品の加工図面の作成
  • 機構に使われる購入品の洗い出し
  • 加工品と購入品の手配部品リストの作成
  • 出図

上記を一般に 『バラシ』 と言います。

 

 

④実際のバラシ作業

購入品に関しては、設計者が検討図中に
文字で型式やメーカーを、記載していることが、多いので問題はありません。

わからなければ、設計者に問い合わせることで解決します。

 

問題は部品加工図で、未経験の あなた にとっては、
ちょっとのことでも、大変なことかもしれません。

 

しかし、安心してください。
これも、だいたい 設計者が、過去の参考図などを提示してくれます。

 

その参考図を見て、CADの練習と設計の勉強を兼ねて、
部品図の作成を、することになります。

 

 

⑤バラシ(CADオペ作業)のコツ

バラシ作業

余裕が出てきたら、
漠然とバラシをするのではなく、設計者の検討した機構を見て
なるべく 以下を学び取ってください。

  • どういう動作をするのか?
  • どういう意図で、そうしているのか?

 

購入品も、型式が検討図中に提示されているので
インターネットで調べて勉強しましょう。

 

設計者は 自身の業務に追われていますので、
設計意図や動作の概要は説明します。

 

しかし、いちいち 細かくは説明してはくれません。
なるべく わかる範囲で、自分で学びとってください。

 

これも訓練です。

それを意識して繰り返していけば、検討図を見ただけで 
設計者の意図を掴めていくようになります

 

それが、将来的に以下に生かされてきます。

  • 実際の設計
  • 他の設計者やお客様の話から意図を 読み取れるようになり、
    コミュニケーションが円滑になりやすい

 

設計者に問い合わせてみるのも、いいかもしれません。
その時の聞き方のコツを、⑤で解説します。

 

 

⑥設計者への聞き方のコツ

概要

コツとして、以下が挙げられます。

  • なるべく まとめて聞く
  • できる範囲で自分の考えも言ってみる

 

なるべく まとめて聞く

設計者も、自身の業務に追われています。


わからないところがあった時に、その都度聞くのではなく
わからないところは、メモしておいて
後でまとめて、聞いてあげてください。

 

 

できる範囲で自分の考えも言ってみる

以下のような聞き方は、好ましくありません。

 

f:id:tsurf:20210605171303p:plain
とある
初心者機械設計者

「これどうすればいいですか?」
「これって何ですか?」

 

あなた の上記のような聞き方は、
設計者によっては、以下のように受け取られかねません。
(特に古い設計者に 多い傾向なのですが)

f:id:tsurf:20210808081418p:plain

先輩設計者

「この人 何も考えてないのか?」
「この人 何も調べてないのか?」

 

あなたに オススメの聞き方ですが、
間違っていてもいいので、以下の聞き方をしてみてください。

f:id:tsurf:20220309212844p:plain

とある
初心者機械設計者

「これは ○○ということだと思うのでうのですが 合っていますか?」

「わかる範囲で調べたのですが○○ということで 合っていますか?」

 

そうすれば 全ての場面で通用するとは限りませんが、
以下のように、思ってもらえます。

f:id:tsurf:20210808081418p:plain

先輩設計者

「自分で意見を持ってるし 考えてるんだな」

 

⑦初心機械設計者へのオススメ品

以下の記事に、初心者設計者にオススメの備品を紹介します。

 

 

⑧まとめ

  • 最初はバラシ作業を 任せられることが多い
  • 設計者の提示する参考図を見て なるべく設計意図や機器の勉強をする
  • 設計者に質問する場合は以下に気をつける
  • なるべく まとめて質問する
  • 間違っててもいいので なるべく自分の考えも添える

 

本記事を最後までお読みいただき ありがとうございます 

本記事は以上です

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します