tsurfの機械設計研究室

機械設計未経験もしくは初心者の方に向けたブログです 基礎的な知識やスキルを記事にしていきます  ブログのお問合せフォームからお気軽に連絡ください

スポンサーリンク


MENU

機械設計における副業を調査と考察をしてみた

本ブログの御訪問ありがとうございます

機械設計歴20年以上のtsurfと言います

 

今回は以下に関する記事です

機械設計における副業を調査と考察をしてみた

 

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人TSURF

将来的にフリーランスという視野を含めて
副業について調査してみました
その結果を報告したいと思います

 

 

①本記事のコンセプトと副業の前提

f:id:tsurf:20210522210929p:plain

本記事のコンセプト

今回の記事の副業は 副業で機械設計をやることです

副業をやるとした場合 

以下の洗い出しをするというのが 本記事のコンセプトです

●副業の探し方の調査

●その他必要となるもの

 

副業の前提1 副業探しの考え

●最終目的はフリーランスになるためのものであること

●最初はCAD オペレーターから始めたい

●勤務形態は在宅が必須(外で現職の人に会う可能性の回避)

 

 

副業の前提2 現職場の副業禁止規定について

あくまで 私の考えは

「そんなこと 知ったことではない」です

 

中小企業で働いていますが

最近は中小企業の経営者のトレンドなのでしょうか?

変革 変革 変革…

 

結果 給料は低いのに 

(実務で求められることは大企業 中小企業関係ないと思いますが)

実務以外でも求められることは大企業並みとなりつつあります

 

だいだいが 今の会社が 

私の人生を保証してくれるわけでは無さそうです

 

 

 

②情報集めをしてみた

インターネットによる調査

機械設計の副業状況自体をインターネットで調査してみます

検索キーワード ➡ CAD 在宅 副業 

結果としては 以下となりました

 

●在宅CAD業務の状況

働き方改革とリモートワークの推進により増えつつある

現状では CADオペレーターの在宅の求人数自体が少ない

●CADは自分で用意をすることになるらしい

●本業時間内では 作業依頼者との対応ができないのが懸念

●スキルが必要な分野であるので 競合が少ない

●雇用形態は業務委託契約が必須

 

以下 上記の赤字部分を考察していきます

 

 

調査結果考察

●現状では CADオペレーターの在宅業務の求人数自体が少ない

甘くみていたようです

週2でできる程度の案件が たくさん溢れているイメージがありました

 

●CADは自分で用意をすることになるらしい

これも想定外でした

CADは請負の企業様から一時的に支給されるものとばかり思っていました

 

●雇用形態は業務委託契約が必須

これは 納品さえすれば 業務時間は問わない業務形態ということらしいです

 

調査からわかった懸念点

以下 箇条書きでまとめます

●CADオペの副業を探すのが問題で 探すスキルを身に付けなくてはいけない

●CADの購入問題

●CADの習得問題

●3DCADを動かせるパソコンの購入問題

 

 

③まずはCADをどうしようか検討した

f:id:tsurf:20211031095216p:plain

CADも自分で用意するとなると 

その分の費用が回収できるのかな という懸念も浮上しました

 

フリーのCADならいいのですが

前提として 世の中で一般的に広く使われているCADでなくてはいけません

世の中で使われているCADと言えばオートデスク製のもの

 

ということで オートデスク製のCADについて調べてみました

以下の調査の値段は2022年1月27日現在です

 

2次元 AUTOCAD 8800円 /1ヶ月
3次元 INVENTOR 46200円 /1ヶ月

 

3DCADのINVENTORは高いですね

上記は3年間分を契約すると 約6割の値段となるようです

以下 3年分契約した場合の値段です

 

2次元 AUTOCAD 5653円 /1ヶ月
(3年契約)
3次元 INVENTOR 29089円 /1ヶ月
(3年契約)

 

それでも INVENTORは高いです

ここで オートデスク製の3次元CADには FUSION360があります

3次元 FUSION360 7700円 /1ヶ月

 

ですが 

3年間分を購入すると 1か月あたり約6割である以下となります

3次元 FUSION360 4889円 /1ヶ月
(3年契約)

 

方向性は決まりました

在宅副業に使用する3DCADは FUSHION360

 

きっと 世の中の汎用CADであるオートデスク製のCADで

こんなに安いのであれば 外注発注している業務もきっとFUSION360でしょう

というか そうであることを祈ります

 

ただし 3DのメインはFUSION360としつつも

2Dメインの企業も多いので

2DCADでの業務も視野に入れなくてはいけないかもしれません

その場合はAUTOCADでしょう

 

FUSION360 と AUTOCADを揃えたとしても

3年間契約をすれば 1か月あたり 10542円です

 

 

④CAD習得問題

私自身は 現在では 普通にFUSION360を使用しています

いずれ ブログで操作を共有したいと思います

 

会社で FUSION360を使用していいない方の場合ですが

非商用であれば1年間無料とのことです

1年間あれば なんとか習得は可能だと思います

 

 

 

⑤FUSION360の簡易解説

概要

結論としてINVENTORと比較して

FUSION360は トップダウン設計に特化していて とても使いやすいです

INVENTORは ボトムアップ設計に特化してます

 

<参考 用語解説>

●ボトムアップ設計

部品を設計してから アッセンブリをします

 

●トップダウン設計

いわゆる3Dでの全体検討のことです

3Dで アッセンブリ検討しつつ 部品の3Dを作成します

 

トップダウン設計とは

設計者としては 部品を設計するのが主ではありません

部品は構成しているものにすぎません

部品が大事なのではなく 全体が機能構造として成り立つことが大切です

逆に全体が成り立つように部品を設計します

 

従って トップダウン設計のほうが重要でやりやすく

こちらができるCADを強く推奨します

 

 

FUSIONの特徴

とにかく トップダウン設計がやりやすく作業も早いです

この理由は 主に以下によります

 

●スケッチが アセンブリでも持つことができる

このことにより ソリッドを作成するための2Dではなくなり

2Dによる検討ができる環境となりました

 

●部品ファイルを作成しなくてもアッセンブリができる

部品ファイルを作成しなくてもよく 部品配置の際原点設定も必要がありません

3D空間上に浮かぶソリッドとして編集や作成が自由にできます

 

 

以下がFUSION360です

上述の通り 非商用であれば 1年間無償で使えます

 

⇩fusion360⇩

Autodesk(オートデスク)

 

 

 

⑥2DCADの検討

最近では3Dが主流になりつつも 2D CADを使用している企業も多く

そういった 企業では AUTOCADを使用しています

2Dの仕事も請けることを考えて AUTOCADの導入も

ある程度検討しておかなくてはいけないと思います

 

当然AUTOCADですね

現在 使っていますので AUTOCADに関しては問題ありません

使いやすい2DCADです

 

⇩AUTOCAD LT⇩

Autodesk(オートデスク)

 

 

⑦3DCADを動かせるパソコンを調査した

f:id:tsurf:20220127100548p:plain


私は (恥ずかしながら)パソコンに疎いので

近所の家電量販店に行き 店員さんにスマホでFUSION360の動作環境を

見てもらい パソコンの説明をしてもらいました

 

結論を言うと(あまり理解はしていないのですが)

FUSION360を動作させる条件としては

CPU i7以上 メモリは8G以上のもので十分とのことでした

 

紹介されたパソコンは CPU i7  メモリ16G 

グラフィックボード付き(?)で 12万で 販売されていました

 

また ハイスペックなグラフィックボードというものがあると

3Dが滑らかに 動くとのことでした

 

また 紹介してもらったパソコンには 

マイクロソフトオフィスが入っていないとのことでしたが

現在では 互換ソフトがあるので 問題ないと判断しています

 

 

   

⑧副業探し方調査

今回のメインである 探し方の調査です

インターネットで調べました

 

すると あるサイトの情報によると以下があることが わかりました

クラウドソーシング
で探す方法
●ランサーズ
●クラウドワークス
●BIZEEK
●サグーワークス
求人サイト
で探す方法
未調査

 

クラウドソーシングというのは

企業が不特定多数の人に業務を委託する 雇用形態だそうです

 

在宅ワークがメインのようです

しかし こんなにもサイトがたくさんあるとは知りませんでした

 

また 求人サイト自体は転職で使ってはいましたが

まさか副業なども扱っているとは知りませんでした

 

ただし だいたい登録すると思いますが実名登録は避けたいところです

どういった形で 現職に ばれるかわからないからです

 

 

⑨まとめ

●副業をはじめる場合 何をやるかよりも どうやって探すかが大事

●CADは3Dであれば FUSION360がオススメ

●CADは2Dであれば AUTOCADがオススメ

●パソコンのスペックは CPU  i7以上    メモリ 7G以上

●副業自体はクラウドソーシングや求人サイトでも探せる

 

本記事は以上です

最後までお読みいただきありがとうございます

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します