tsurfの機械設計研究室

機械設計未経験もしくは初心者の方に向けたブログです 基礎的な知識やスキルを記事にしていきます  ブログのお問合せフォームからお気軽に連絡ください

【中小製造業の経営者様への提言】機械設計部の納期遅れや 「短納期すぎて できない」発言について

本ブログの御訪問ありがとうございます

機械設計歴20年以上のtsurfと言います

 

今回は以下に関する記事です

【中小製造業の経営者様への提案】機械設計部の 出図遅れや 「短納期すぎて できない」発言について

 

  

⇩本記事は以下の方にオススメです⇩

f:id:tsurf:20210630092915p:plain

とある中小企業の
経営者

うちのは設計部は
平気で出図遅れをするので装置納入が遅れる
すぐに 『そんな短納期でできない』と言う

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人TSURF

設計部が
「短納期すぎて できない」
「間に合わない」と言っている原因が
以下にあることがわかります

 

中小企業経営者である あなたが

●現状を正しく認識していない

●設計部や組立部が望んでいる会議をしてあげれていない

●設計部や組立部が望んでいるサポートをしてあげれていない

 

 

①結論

現状をよくしたいのであれば

まず 経営者様自身が変わらなくてはいけないと考えます

主に以下を振り返ってください

 

 

●現状の高品質 低価格 単納期に対して 現場目線で正しく認識しているか?

(③で解説)

 

●会議のための会議をやっていないか?

設計部が求めているのは問題解決のための進捗会議 (④で解説)

 

●設計部が「できる」環境作りがなされているか?

(⑤で解説)

 

②私が見てきた 中小企業の経営者様

私は 何社かの中小企業に就職しましたが

どの中小企業の経営者様も 以下のような感じでした

f:id:tsurf:20210630092915p:plain

●「うちの設計は 工夫もなしに すぐに短納期すぎてできないと言う」と言う

●「うちの設計は 平気で納期を守れず 遅らせる」と言う

●進捗確認会議をするが進捗確認と納期厳守の指示で終わってしまう

 
しかし他の中小企業 経営者様と

同じ事を考え 同じ事しか言わず 同じ事しかしていない以上

他の中小企業経営者様より抜きんでることなく終わります

 

③現状を正しく認識する

何故 経営者様が同じ事しか言わないのか?

それは 現在求められている高品質 低コストの上で求められる 

極端な短納期について 正しい認識をされていないことが原因なのです

 

あなたは「やり方が悪い」や「工夫がない」と思っているかもしれませんが

工夫で何とかできる境界線というのは

あなたの価値観ではなく 客観的に見て妥当かどうかなのです

 

この境界線より 多少無理なほうに 傾いているだけであれば 

やり方や工夫で 何とかなるかもしれません

 

しかし 

昨今 求められるのは 高品質 低価格 明らかに無理な短納期です

やり方や工夫でなんとかなる境界線がはるかに 無理な方向に傾いているのです

 

これが現実なのです

 

 

④会議の本質

会議の種類

断言しますが 会議の本質は 問題解決にあると考えます

 

しかし 残念ながら そうでない ただの時間の浪費にしかならない

会議もあります

 

会議の種類は以下2種類あります

●問題解決のある会議:問題解決が目的の会議で会議の本質です

●問題解決のない会議:会議自体が目的の会議のための会議と言います

 

問題解決が目的の会議

以下のフローのように 設計部や他の部署が臆せず 現状の問題を発言でき

それに対して きちんと問題解決で終わる会議です

f:id:tsurf:20210630102054p:plain

あなたの会社の
設計部 組立部

==新規案件の課題において==
現状ではできません

==現在の受注案件進捗確認において==
遅れています

 

➪みんなで 解決案の検討

 

f:id:tsurf:20210617111736p:plain

問題解決の出来る
経営者

みんなの意見をまとめて・・・
金を掛けてもいいから
外注にできるところは
外注に任せよう
なんなら 外注を育てよう

上記のような 問題解決案が出るものを言います

 

 

会議自体が目的の会議のための会議 

会議のための会議とは以下で終わるものを言います

f:id:tsurf:20210630102054p:plain

あなたの会社の
設計部 組立部

==新規案件の課題において==
現状ではできません

==現在の受注案件進捗確認において==
遅れています

f:id:tsurf:20210630092915p:plain

問題解決の出来ない
経営者

なんで出来ないんだ
いつ出来るんだ
いや 遅い
必ず 終わるようにしろ

 

これでは なんのために会議をやっているのかも わかりません

振り返ってみると 会議をやった という記憶しかなく

まさに 会議をやること自体が目的となってしまっています

 

会議はなんのため?

一旦考えてみましょう

もし設計部署や組立部署が「できます」「間に合わせます」しか言わず 

そういった回答しか 受け付けないのであれば 

そもそも会議を開く必要はあるでしょうか?

 

ありませんよね

メールで指示をすれば よいのです

 

どの部署も みんな問題を抱えており それを解決したいため 

会議に出席しているのだと思います

 

そもそもですが

設計部署や組立部署の言っている「できない」や「間に合わない」は

現状のままだと 「できない」「間に合わない」 と言っているに過ぎません

 

つまり現状を変えればできる ということです

では 現状を変えていくのは誰でしょうか?

経営者である あなたであると考えます

 

 

⑤問題解決の例

解決策1 お金を掛けても外注を使う

とにかく お金を掛けてでも 外注さんに任せられる業務は外注さんに委せる

社員は検討のみに専念させることです

 

解決策2 外注を育てる

いつでも 安心して 案件を任せられる外注を長期的に育てることです

 

解決策3 会社の交渉スキルの向上

先述しましたが もはや お客様が要求する納期は 

実際の製造部署(設計や組立)の工夫や やり方だけで なんとかなる境界線を はるかに無理な方向に 越えています

 

会社側にも 少なくとも 

お客様が納得する納期交渉術を身に付ける必要があると考えます

 

これは 経営者様が設計や組立に対し努力や工夫で 

短納期問題が解決できる と考えているのと同じように

こちらも 努力や工夫でなんとかなるものだと考えます

 

 

 

⑥まとめ

●会議の本質は 問題解決にあります

 

●会議は問題解決のためなので

あなたが聞きたくないことを言ってくるのは当然

 

●設計部 組立部の「できない」「間に合わない」

は現状ではできないと言っているに過ぎない

その現状を変えるのは経営者である あなたの仕事です

 

●会社側もお客様に対して 

納期 金額にたいして有利になるような交渉スキルが必要です

 

 

 

 

本記事は以上です

最後までお読みいただき ありがとうございます