tsurfの機械設計研究室

機械設計未経験もしくは初心者の方に向けたブログです 基礎的な知識やスキルを記事にしていきます  ブログのお問合せフォームからお気軽に連絡ください

【中小製造業の経営者様への提言】スケジュール進捗会議を意味のあるものにするための たった2つの方法

本ブログの御訪問ありがとうございます

機械設計歴20年以上のtsurfと言います

 

今回は以下に関する記事です

中小製造業の経営者様への提言として

スケジュール進捗会議を意味のあるものにするための たった2つの方法

 

⇩本記事は以下の方にオススメです⇩

f:id:tsurf:20210630092915p:plain
とある
中小企業経営者

スケジュール遅れが
はなはだしい
これからは進捗会議をまめにやってやるぞ

 

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人TSURF

ちょっと待ってください
そんなことをしても
"あること"をしておかないと時間の無駄です

 

 

①結論

f:id:tsurf:20210630102054p:plain


装置製造の進捗会議をする場合

その会議が有効に機能するためには以下の2つが重要です

 

●スケジュールは遅れて当然という認識

●スケジュール遅れに対するフォロー体制や支援体制

 

 

 

②前提

以下の記事でも解説しましたが

 

昔と違い 現代では 

考えられないほどの 高品質 低コストを求められています

しかも これも考えられないくらいの短納期ときています

 

挑戦すら 許されない納期の中で

装置納入日から逆算して スケジュールが立てられます

 

しかし 全体のスケジュールすら 成り立っていないので

当然 設計のスケジュールも成り立っていません

 

つまり 現代では 設計スケジュールは 遅れて当然なのです

 

f:id:tsurf:20210630092915p:plain
とある
中小企業経営者

それは甘えだ

 

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人TSURF

いやいや
そんな単純な話ではありません

 

では あなたは どこまでの高品質 短納期 低コストだったら

妥当かの指標を 根拠を持って建てられますか?

 

もし 技術者たるもの どんな厳しい状況でも知恵と工夫で

乗り切るもんだと 考えるのであれば

もはや それは 論理性のカケラもない 単なる昭和の根性論です

 

そういう 非論理的な根性論の話ではなく

スケジュールは遅れて当然なのだから フォロー体制やリカバリー体制を

強化しておこうという 論理的な話なのです

 

③フォロー体制 リカバリー体制

f:id:tsurf:20210630102353p:plain


フォロー体制 リカバリー体制とは

文字通り スケジュールが遅れそうな場合に 間に合うように

フォローや リカバリーをする体制です

 

フォロー体制の例 外注設計の協力会社を確保
リカバリー体制の例 製作部品を複数の製作会社に分担発注

 

これは 会社によって置かれている状況が違うので

自社で検討すべき課題となります

 

④フォロー体制 リカバリー体制の重要性

進捗会議の本質

スケジュール遅れが発生した時に 

この フォロー体制やリカバリー体制を

どのように どの程度活用するかの議論の場です

 

もちろん お客様に対して 納期交渉をするというものも

選択肢に含まれています

 

 

正直 フォロー体制 リカバリー体制がない状態で

進捗会議をやったところで 時間の無駄です

 

 なぜなら フォロー体制やリカバリー体制がない進捗会議とは

以下のように テンプレ会議となってしまうからです

 

f:id:tsurf:20210630103054p:plain

設計部 組立図

遅れています
間に合いません

 

f:id:tsurf:20210630092915p:plain

とある
中小企業経営者

『なぜ 遅れている?』
『努力や工夫が 足りないよ』
『かならず 間に合わせるように』

 

 

このようなテンプレ会議の問題点は 以下の2つです

テンプレ会議問題点

●小学生でもできる

●結局 問題が解決されていないので できないものはできない

 

 

⑤フォロー体制 リカバリー体制の副次効果

このフォロー体制やリカバリー体制の副次効果として

企業が 企業として成長できるという効果があります

 

理由ですが 

この進捗会議において フォローやリカバリーの執行を検討できる

ということの本質は以下にあります

問題があった時に 論理的で 誰でもできる解決方法を
みんなで 模索して解決をする問題解決能力

 

この問題解決能力というものは

どんな壁に直面しても みんなで 道を切り開いていける能力だからです

 

よくよく考えれば 至極当たり前のことなのですが

このあたり前のことをできない 中小製造業の経営者様は多いです

 

 

⑥まとめ

●スケジュールの進捗会議は やればいいというものではない

●当然 やりさえすれば 間に合わないものも 間に合うという奇跡は起こらない

●進捗会議に大事なものは 以下の2つ

●スケジュールは 遅れて当然という意識

●フォロー体制やリカバリー体制の確立

●このフォローやリカバリーを会議で検討し執行できる会社は問題解決能力がある

●問題解決能力というものがない 中小企業の経営者は多い

 

本記事は以上です

最後までお読み頂きありがとうございます