tsurfの機械設計研究室

機械設計未経験もしくは初心者の方に向けたブログです 基礎的な知識やスキルを記事にしていきます  ブログのお問合せフォームからお気軽に連絡ください

【経営者様への提言】装置コストダウン 部品代と設計工数費 どちらを下げる?

本ブログの御訪問ありがとうございます

機械設計歴20年以上のtsurfと言います

 

今回は以下に関する記事です

【経営者様への提言】装置コストダウン 部品代と設計工数費 どちらを下げる

 

  

⇩本記事は以下の方にオススメです⇩

f:id:tsurf:20210630092915p:plain
とある
中小企業経営者

装置のコストを下げるには
部品代を下げるか?
工数費を下げるか?

 

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人TSURF

断言しますが 部品代です
工数費など関係ありません

 

 

①結論

f:id:tsurf:20210522210929p:plain

断言します

装置のコストを下げるには

設計工数費(機械、電気、制御)に着眼するのではなく

部品代の値下げを優先させましょう

 

理由は 後述します

 

②事例

f:id:tsurf:20210630102054p:plain

以前 勤めていた会社であった話ですが

その会社では 主に三菱製のサーボモーターをメインで使っていました

 

しかし その当時 私が設計した装置で 

中空のステッピングモーターを使ったほうが以下のメリットがありました

●部品点数が大幅に減る

●モーター自体も安い

●小型

 

しかし

設計DR会議で それを伝えたところ

とある役員から以下のような 質問(ヤジ)が来ました

 

f:id:tsurf:20210630092915p:plain
以前勤めた会社の
とある役員

それだと
ステッピングモーターを動作させるための
制御設計の工数が掛かるだろ
そういうところを考えているのか?

 

つまり 👇以下のようなことを言いたいのです👇

 

 普段 三菱製のサーボモーターを使っているから

ましてや 他社製のステッピングモーターの駆動プログラムを

一から構築しなくてはならなく 工数費が掛かる 

 

 

当時 その質問(ヤジ)を聞いて 

その役員のあまりの頭の悪さに戦慄を覚えたものでした

 

どこが間違っているのかを 以下の3点で解説していきます

●間接工数費と直接部品費の違い

●装置の完全リピートや 他装置への技術のリピート

●どうして こんな問題が起こりやすいのか?

 

③間接工数費と直接部品費の違い

これは以前の記事でも記載しましたが


まず 工数費は 以下で計算されます

作業工数費=時間単価 × 作業時間

 

しかし 実際は社内経費的には 正社員である以上 以下となります

実際の作業工数費=定時間内固定費 + 残業代

 

例えば 上記の例を使い 以下の条件で検証してみます

正社員の工数単価 6000円/時間
ステッピングモーターを使う
プログラム作成時間合計
7時間=
定時間内作業5時間
  +
残業時間作業2時間

 

 

工数費の考えていうと 

6000円/時間 x 7時間で 4万2千円の経費損失と考えます

 

しかし 実際は 定時間作業5時間は基本給の固定費分であり

その仕事があるなしに関わらず 社員への給料で失う金額です

 

問題は残業代ですが 社員に時間単価6000も支払っていますか?

せいぜい 2000円/時間でしょう

従って 今回の例の場合 正確な経費損失は 4000円です

 

また 上記の例では 

定時間作業5時間 残業作業2時間を想定しましたが 

その時の負荷で いくらでも変動します

すべて 定時間内で終了すれば 作業による損失はありません

 

つまり 不確定要素なのです

 

このように 間接工数費は お客様へ人権費を請求する

見かけ上の数字でしかありません

 

そもそもですが 不確定要素の強い見かけ上の数字に対して

『設計の工数を考えているのか?』という考えに意味はありません

 

しかし 直接部品費は 確実に失っていく費用となります

 

 

④装置をリピートする場合にコストダウン設計が活きてくる

工数を掛けて コストダウンのための設計をする真の価値は

装置をリピートする場合になります

 

一度コストダウン設計をしたなら 

そのコストダウンした分の利益は リピートし続ける限りずっとついてきます

 

制御も 前回ステッピングモーターの制御プログラムを組んでいるのですから

コピー&ペーストで済みます

 

あくまで前回設計したプログラムが元で 工数時間も少なくて済みます

 

一度工数を掛け 形になったコストダウン設計は(機械にしろ 制御にしろ)

リピートでなくても 他装置に応用が効くでしょう

 

つまり 工数をかけコストダウンされた装置は 

リピートされ続ける限り コストダウン分の利益を生み続けます

 

しかし工数費を削り 常にコストダウン設計を考えない会社の装置は

リピートされ続ける限りずっと 高いコストはついて回ります

 

 

 

⑤どうして このような問題が起こりやすいのか?

間接工数費と 直接部品費を一緒に考えていることに原因があります

(少し考えれば わかることだと思うのですが・・・)

 

これらが 同一直線上で考えるには 性質があまりにも異なります

実際に外に出ていくか? 出ていかないか? という根本的な違いがあるのです

 

工数費などというものは 

お客様に人件費を請求する際 具体的な金額に『見える化しただけ』

のものであり

売り上げに対する人件費とも さらに性質を異にするものです

 

 

 

⑥まとめ

●装置のコストダウンのために 設計工数費を惜しまない

●設計工数費を惜しむ という考えも間違えで そもそも関係ない

●設計工数を 惜しまず使い 進化し続ける会社は 長期的に利益を生む

●設計工数を 惜しみ 結果的に進化を拒否する会社に将来は無い

●社内に設計工数の重要性を捏造する役員がいたら 断固として対応をすべき

●もし 自身が設計工数を重視しているならば 恥を知るべき

 

本記事は以上です

最後までお読み頂きありがとうございます