tsurfの機械設計研究室

機械設計未経験もしくは初心者の方に向けたブログです 基礎的な知識やスキルを記事にしていきます  ブログのお問合せフォームからお気軽に連絡ください

スポンサーリンク


MENU

めねじを強くするヘリサートとエンザート

本ブログの御訪問ありがとうございます

機械設計歴20年以上のtsurfと言います

 

今回は以下に関する記事です

めねじを強くするヘリサートとエンザート

  

⇩本記事は以下の方にオススメです⇩

f:id:tsurf:20210605171303p:plain
とある
未経験機械設計者

エンザートとヘリサートって?

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人TSURF

ヘリサートやエンザートの説明
使い分けを解説します。

 

 

①結論

ヘリサートやエンザートは、
やわらかい材質の母材に、強いメネジが欲しい場合に使う
埋め込み式のメネジです。


柔らかい母材とは 樹脂やアルミなどで 以下の図のような
感じになります。

f:id:tsurf:20201123080542p:plain

後述しますが、
エンザートはヘリサートよりも強いので、基本エンザートで考えます。
ただし エンザートは大きいので
エンザートが入らない場所に関しては、小さなヘリサートです。

 

 

②タップの強度の基本的なこと

小さいタップ(メネジ)は強くないので、
ネジを強く締めすぎると、タップ部が破損してしまい
空転をして 部品の締結ができなくなってしまいます。

 

それでも 母材(タップを切る部品の材質)が、
鉄などの固い材質であれば メネジも丈夫になるのですが、

アルミや樹脂だと 直にメネジを切ると
タップが弱く破損しやすくなります。

 

実は 私も樹脂に切られたM3メネジを
破損空転させてしまった経験があるのですが、弱い力でも
簡単に破損空転します。

 

以下のようになります

⇦メネジが弱い傾向   メネジが強い傾向⇨
  • 母材の材質が弱い
  • メネジが小さい
 
  • 母材の材質が固い
  • メネジが大きい

ですので 
アルミや樹脂などに小さいタップを切る場合は
ヘリサートやエンザートを使います。

 

 

③エンザート

エンザート特徴

材質は鉄やステンレスが主で
以下のように 外側がオネジで 内側がメネジに
なっています。

 

図3は M6用のものを例にあげています。
外側がM10のオネジで内側がM6のメネジになっています。

エンザートは締め付けに対して結構強いです 。

 

f:id:tsurf:20201123104434p:plain

ただし 外ネジの規格は内ネジの規格と違うため
ネジ山の根本太さなど多少弱いので、
単純に2回り強くなるわけではありません。

 

M6であれば M8といったふうに
1回り程度強くなると考えておけばいいと思います。

 

また図3中 寸法Lで示した長さは、
各タップの大きさで長さが決まっており
例えば M6の場合 12mmです。

 

 

エンザート
メリット/デメリット

メリット

  • メネジが強くなる
    強く締め込むことができるようになれば、
    緩みにくいという観点からも優れています

 

デメリット

  • Lの寸法(図3参照)が結構長い。
    板厚が薄いものには使用できません。
    例で示しているM6エンザートの場合は12mmとなります。
    タップの大きさによってLの寸法の長さが違い、
    タップが大きくなれば、当然長さも長くなります。

  • 外ネジが大きい
    例で示したM6の場合、外ネジがM10なので外形がΦ10となります。
    たったこれだけのことと思うかもしれませんが、
    検討していて、結構やっかいです。
    すぐ近くの取付穴と近くなりすぎてしまい、穴と穴の間の
    肉厚が極端に小さくなったりします。

 

 

④ヘリサート

ヘリサート特徴

材質は鉄やステンレスが主で、以下図4のようにコイル状になっています。

図4は M6用のものを例にあげています。
外径がΦ7.5~Φ8になっていて、この外径を母材に引っ掛けます。

 

ネジの締め付けに対して、樹脂やアルミ母材より強いという
程度でエンザートよりは弱いです。

 

また図4中 寸法Lで示した長さは、
各タップサイズで3種類の長さから選べます。

 

例えば、M6の場合 以下の長さから選べます。
Dはタップの大きさを、表しており1Dは1x6=6mmです。

⇩L寸指示⇩   ⇩L寸長さ⇩
1D   6<mm>
1.5D   9<mm>
2D   12<mm>

 

 

ヘリサート
メリット/デメリット

メリット

  • ネジの締め付けに対して 樹脂やアルミ母材よりは多少強い
    エンザートよりは弱い

  • Lの寸法が(図4参照) 3種類から選べる
    板厚が薄いものにも対応可能

  • 外径が小さい
    例で示したM6の場合 外径がΦ8です。
    検討上 助かる場面もあることはあります。

 

 

デメリット

  • エンザートよりは弱い
    特に小さいタップに関して 弱さを感じる 
    簡単に破損空転する

 

 

⑤まとめ

  • ヘリサートやエンザートは アルミや樹脂など母材が
    柔らかな材質に ある程度強いメネジが欲しい時に使う
    埋め込み式のメネジ
  • エンザートは ヘリサートより強いので基本はエンザートで
    考える。
  • しかしエンザートは大きいので、どうしても無理であれば
    ヘリサートにする。

 

本記事は以上です
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します