tsurfの機械設計研究室

サーボモーターの選定計算やエアシリンダの選定計算なども扱っている技術ブログです  ブログのお問合せフォームからお気軽に連絡ください

スポンサーリンク


MENU

エアシリンダーの種類(基礎)

本ブログの御訪問ありがとうございます

機械設計歴20年以上のtsurfと言います

 

今回は以下に関する記事です

エアシリンダーの種類(基礎)

 

  

⇩本記事は機械設計初心者の方で以下の方にオススメです⇩

f:id:tsurf:20210605171303p:plain
とある
初心者機械設計者

エアシリンダーって

いろいろな種類があってわからないよ

 

⇩本記事を読むと以下が わかります⇩

f:id:tsurf:20210611183707p:plain

管理人TSURF

エアシリンダの基本的なラインアップ(種類)

と その使い分けが分かります

 

 

 

①結論

f:id:tsurf:20210918200916p:plain


結論として どのメーカーも以下を基本のラインナップとしています

●ロッド付きシリンダ

●ガイド付きロッド付きシリンダ

●ロッドレスシリンダ

●ガイド付きロッドレスシリンダ

 

 

②ロッド付きシリンダ

解説

図1をご覧ください

f:id:tsurf:20200731102637p:plain

シリンダの端面から ロッドが出ています

そのロッドがエアによって駆動します

 

メリット

●構造が単純で低コスト

●搬送物の大きさで 外部ガイドを自由に設計できます

デメリット

●構造上引っ込む方向時に出力が低下します<※1>

●フローティング機構が必要<※2>

●外部のガイドが必要<※3>

 

 

 

補足

⇩補足<※1>について 以下の記事を御参照ください


 

⇩補足<※2> <※3>について 以下の記事を御参照ください⇩


 

③ロッドレスシリンダ

解説

図2をご覧ください

 

f:id:tsurf:20200731104816p:plain

ロッドレスシリンダはシリンダのボディの上で 

スライドテーブルが動作します

 

ロッド付きシリンダは シリンダ端面からロッドがでて動作しますので

ロッドが端面から 突き出ない分省スペースと言えます

 

メリット

●省スペース<※4>

●方向による出力低下がない

●搬送物の大きさで 外部ガイドを自由に設計できます

デメリット

●内部の摺動抵抗が大きくなるので選定計算時注意です

●フローティング機構が必要<上記※2>

●外部のガイドが必要<上記※3>

 

補足

⇩補足<※4>省スペースについて⇩

ロッドレスシリンダは省スペースというのが売りです

 

しかし 実際の設計において 

何をもって省スペースとするかは状況によって違います

詳しくは⑥で説明します

 

 

 

④ガイド付きシリンダ(ロッド付きシリンダ)

解説

図3をご覧ください

  f:id:tsurf:20200731110206p:plain

ロッド付きシリンダの派生のもので

最初からリニアシャフトタイプのガイドがついています

 

小型の搬送物の場合の場合 これ1ヶで全てが済むので

非常に便利です

 

メリット デメリットは

ガイドなしのものに 対してのものとなります

 

メリット

●ガイドがいらない

ロッド付きシリンダにガイドがついた分単価自体は高いが

搬送物が小さい場合ガイドがいらない分トータルで安くなる

デメリット

●ガイドのピッチが限られている<※5>

搬送物の大きさが限られてきます

 

補足

<※5>について ガイドのピッチが限られていることは

搬送物の大きさに影響をしてきます

⇩以下の記事を御参照ください⇩


 

 

⑤ガイド付きシリンダ(ロッドレスシリンダ)

図4をご覧くださいます

 

 f:id:tsurf:20200731111228p:plain

ロッドレスシリンダの派生のもので

最初からリLMガイドがついています

小型の搬送物の場合の場合 これ1ヶで全てが済むので 非常に便利です

 

メリット デメリットは

ガイドなしのものに 対してのものとなります

メリット

●ガイドがいらない

ロッドレスの値段にさらにガイドが内蔵されているので

単価自体は高くなるが 搬送物が小さい場合ガイドがいらない分

トータルで安くなる

デメリット

●ガイドのピッチが限られている<上記※5>

搬送物の大きさが限られてきます

 

 

⑥ロッド付シリンダとロッドレスシリンダの使い分け

ロッド付きシリンダとロッドレスシリンダを使った

搬送機構を例に挙げて説明します

 

図5はロッド付きシリンダを使用した搬送機構の例

図6はロッド付きシリンダを使用した搬送機構の例となります

f:id:tsurf:20200731113908p:plain

 

f:id:tsurf:20200731202354p:plain

ロッド付きシリンダは寸法B部が大きくなってしまいますが

設計やワークによっては寸法Aが 狭くできます

 

しかし

ロッドレスシリンダでも寸法Bは短くなりますが

設計やワークによっては 寸法A部が広くなってしまうこともあります

 

ですので 使い分けとしては 以下となります

寸法B部に余裕がある

値段の安いロッド付きシリンダー

寸法Bに余裕がなく

寸法Aにある程度の余裕がある

値段は高いがロッドレスシリンダー

 

 

⑦まとめ

●おおまかに分けると 以下となります

●ロッド付きシリンダ

●ガイド付きロッド付きシリンダ

●ロッドレスシリンダ

●ガイド付きロッドレスシリンダ

●ロッド付きシリンダーとロッドレスシリンダーは

 設置状況により 使い分けます

●ガイド付きシリンダーはワークの大きさによって

 選定すれば 省スペース 低コストとなります

 

 

本記事は以上です

最後まで お読みいただきありがとうございます

 

本ブログの文章や画像の無断転用を禁止します